お役立ち情報満載!固定電話の導入事例やサービス・料金についてその他電話回線、ビジネスフォンに関してなど

  • 0120-962-057

  • お見積り・お問い合せ
2015-01-08(木) 18:49

電話引越しの際に押さえておきたい電話回線の知識

 電話引越しの際に押さえておきたい電話回線の知識

 電話引越しの際に押さえておきたい電話回線の知識

会社で、オフィス移転などの電話関係の担当者になったという方に、ぜひ押さえておいてほしいことがあります。それは、電話回線にまつわること。電話回線といえば、アナログ回線やISDN回線などがありますが、光ファイバーやIP電話などの比較的新しい技術の回線についても知っておきましょう。

 電話の引越しの担当者になった!

電話引越し係に任命されたあなた。電話回線といえば自宅で使っているアナログ回線くらいしか知らないという方は多いかもしれません。けれど、オフィスの移転時には、あらかじめ自社が使っている電話回線は知っておきたいところです。

移転先の建物の環境によっては、使える回線と使えない回線があるので、移転前と同じ回線が使えない可能性もあるからです。

電話回線について学んでおこう

電話回線には、アナログ回線、ISDN回線(デジタル回線)、光ファイバー、IP電話の4種類があります。

アナログ回線はご存知の通り、一番古い電話回線で、電話を1回線で使用するものです。NTTでは加入電話や加入電話・ライトプランがそれに相当します。銅線を使って音声を届けるものです。

ISDN回線は、デジタル回線で、アナログ回線と同じ銅線を使いますが、音声データが「0」と「1」とデジタルの信号に変換されて届けられます。ISDN回線の特長として、1回線で2通話分つながるということをよく覚えておきましょう。アナログ回線よりも、綺麗な音声も特徴です。

光ファイバーは、FTTHとも呼ばれるもので、電話加入権(施設設置負担金)が不要な回線です。光の点滅を利用してデジタル進行を送ります。その光は、高速にガラス線を通っていきます。光はNTTの局舎からの距離に関係なく、通信速度が安定しているところに強みがあります。

また、インターネットも電話も共に契約、利用でき、しかも安価で済むというのも人気の理由になっています。

それぞれの電話回線の特徴を知ると、移転先ではどんなものがふさわしいのかが見えてくるでしょう。ぜひ自社に合ったものを選んでみてください。

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-962-057

0120-962-057

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ