2014-09-16(火) 18:10

交換機の仕組み

 交換機の仕組み

電話は、電話回線を通じて離れた場所にいる通話相手に声を伝え、お互いに会話ができるようになっています。

簡単に言うと糸電話のようなものです。

しかし、糸電話だと糸がつながっている人としか喋れないし、大阪から東京までの長距離を会話することは無理ですよね?

そのために交換機が必要になります。

他の人と話したい時は交換機が他の人につないでくれます。

遠距離の人と話したい時は交換機をたくさん通れば通話が出来ます。

遠距離で話す時に電話代が高くなるのはこの交換機をたくさん通るからなんです。

昔はこの交換機を手動で行っていたんです!

現代では考えられませんよね!

2000年代からはVoIPが出てきたため、日本ではNTTなど電気通信事業者(ソフトバンク・ドコモなど)向けの電話交換機はほとんど製造されなくなりました。

 VoIPとは・・・

インターネットなどのネットワークを使って音声データを送受信する技術のこと。

社内LANを使った内線電話や、インターネット電話などに使われている。

電話の事なら固定電話ドットコムにお任せください!

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-962-057

0120-962-057

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ