固定電話

【導入事例】災害時の緊急連絡用に固定電話を導入

【導入事例】災害時の緊急連絡用に固定電話を導入
大規模災害発生時には、携帯電話が通じないという報告が先の大震災の時に数多くありました。そこで、いざというときにはご家族の安否を把握できるようにしておきたいというAさんに、固定電話導入をオススメしました。

実は災害時に強いのはPHS

日本に住む以上、地震による大規模災害の不安は常につきまとっていますよね。それに加え、最近は火山の噴火という恐怖も浮き彫りになってきました。そんな時、携帯電話の弱さというのが問題になっています。先の大震災では、いざというときに携帯電話がつながらない事態が各地で発生してしまいました。
Aさん一家も、東京在住でしたが携帯電話がつながらず、家族の安否が気になって仕方がなかったそうです。各携帯キャリアの携帯電話回線がパンクしてしまい、安否が取れないというケースが多くありました。しかし、そんな中で意外にも安定していたのがPHS回線でした。
これは基地局の特性によるもので、PHSの基地局はマイクロセル方式という携帯電話の基地局よりも電波範囲が小さく、接続できる人数も少ないものです。ただ、そのぶん基地局が大量に設置されているので混雑による不通状態ということが少ないといった特徴があります。

子機は携帯電話ライクに持ち歩けたりする

ただ、こうした災害に備えるためにいつも使っているスマホをPHSへ乗り替えるのはやや非現実的です。それなら、自宅の固定電話をPHSに替えてしまえばいいのです。現在、固定電話の回線とPHSの回線を両方使える電話機も登場しています。これなら、自宅では固定電話の通話料が安い回線で通話し、外出する場合は子機をPHSの携帯電話ライクな端末として持ち歩くというスタイルも可能です。
しかも、電話機自体は固定電話のモデルとほとんど同じなので、長電話するときにも疲れないというメリットがありますよ。スマホや携帯電話で長電話するより、疲労感が全然違ってきます。自宅の固定電話をこういった機種に買い替えたAさん一家も、ほっと一安心だそうです。

 固定電話を持っていないと困ること

 ■固定電話を持っていないと困ること

固定電話は、携帯電話などの発達によって減少傾向にあります。しかし、実は固定電話を持っていないと困ることが生じたりします。簡単に言うと、固定電話を引くことによる社会的な信用が携帯電話では得られないということ、携帯電話では相手の所在が分からないということがあげられます。これはどういうことなのでしょうか。具体例を出して、固定電話の必要性をご説明していきましょう。

●社会的信用が得られない

以前、固定電話ドットコムでご契約いただいたお客様ですが、フリーランスのデザイナーで知人の紹介してもらった取引先に挨拶に行った際に、名刺に携帯電話の番号しか記載していなかったため、「ご自宅の電話番号も教えていただけますか」と言われたそうです。そのお客様は一人暮らしだし、特に携帯電話だけでも不便はないので固定電話の回線を引いていないことを伝えると、「電話も引いていないんですか?」と驚かれたそうです。
そして、自宅の電話がないと与信管理の観点から取引先登録ができないこと、業務上FAXがないと仕事にならないと言われ、大慌てで固定電話を引きたいというご相談でした。もちろん、このお客様は仕事面で固定電話がないと信用されないということでしたが、一般のご家庭でも自宅に電話がないというのは、やはり少し問題なようです。こうした意味でも、固定電話の回線はやはり必要なのです。

●家族の不在がわからない

もうひとつ、固定電話がないと困ることとして、相手の所在確認が困難だということです。これも実例を挙げてご説明します。地方在住のお客様よりご相談いただいたのですが、娘さんが大学進学のため東京に一人暮らしをすることになりました。その際、娘さんは携帯電話があるので固定電話は必要ないと言うので契約しませんでした。そして、数ヶ月が経ち、大学にも慣れたのか娘さんと連絡がなかなか取れなくなったそうです。連絡が取れても携帯電話だと自宅にちゃんと帰っているかどうか分かりません。このように固定電話がないと、相手の居場所が把握できないというデメリットがあります。この例では年頃の娘さんの所在が不安ということですが、実際に物騒な世の中ですから、固定電話で家族の在宅確認ができたほうが、何かと安心なのは間違いありませんね。

2014-08-28(木) 16:16

起業したら電話番号取得

 起業したら電話番号取得

 

 

お店を始める方、個人事業主、起業された方

会社に固定電話はひかれてますか??

 

会社を設立したら必ず取得すべきなのが電話番号です。

一般的イメージの中でやはり

「固定電話がない会社は不安・・・」

というイメージがあるそうです。

 

 

 

自分がお客様の立場になって考えてみてください。

利用したいサービスを探していて似たようなサービスを提供している会社を2社見つけたと想像してみてください。

A社は、「03-●●●●-●●●●」と固定電話の番号。

B社は「090-●●●●-●●●●」と携帯電話の番号。

どちらの会社の方に信頼できそうだと思いますか?

固定電話を持っている会社の方が、ちゃんとした会社だろうだと思いますね。

会社を設立したら固定電話の番号は必須だと考えましょう。

業務用電話機(ビジネスフォン)には業務を助ける様々な機能が備わっています。

外出が多い場合には、電話秘書サービスか電話転送サービスがおすすめ!

 

しかし、電話回線の解説に必要な事を一部ご紹介しますと

■NTTに回線情報の連絡
■FAXへの情報記載&送信
■電話番号の確認/選択/決定
■電話回線工事日の調整/確定
■回線工事

などなど。

これは一部で他にもする事は沢山・・・・

何をしたらいいのか分からない!しかもコスト的を考えたら、固定電話なんて・・・

そんな時は一度、固定電話ドットコムにご相談ください!

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-962-057

0120-962-057

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ