電話回線種別

メタル回線VS.光ファイバー どう違う?

固定電話ドットコム

お電話でのお見積もり・お問い合わせ

0120-962-057

電話回線をどう選べばいいか分からないという方はいませんか?

これから新規オフィス立ち上げや、移転などに際して、新しく電話環境を構築しなければならないというときには、ぜひ知っておいてほしいことがあります。

 

それは、メタル回線と光ファイバーの違いです。

それぞれにはメリットとデメリットがあり、使用状況によってふさわしいものが決まってきます。

そこで、今回はメタル回線と光ファイバー回線の違いをご紹介します。

 

メタル回線とは?

メタル回線の電話回線といえば、アナログ回線とデジタル回線です。

 

これらの二つの回線は、銅線に音声データが乗って伝えられていきます。

このメタル線を使った高速データ通信の技術のことをDSLと呼びます。

いわゆる「ADSL」も、このメタル線を利用した回線となります。

 

従来のアナログ回線の電話を利用していた人にとっては、非常に都合が良くなっています。

なぜなら、同じメタル線のままで、電話回線もインターネットのデータ通信も行えるからです。

伝送されるデータの周波数は、音声通信とは異なるため、同時にメタル線が使用できるのです。

これがメタル線の大きなメリットといえるでしょう。

 

一方、メタル線は、電話局からの距離が遠ければ遠いほど、伝送の減衰が大きくなってしまい、速度が落ちるというデメリットもあります。

他の電波が交じったり、音声がかすれたりといった音声品質の面でどうしても劣ってしまうのです。

 

光ファイバーとは?

一方、光ファイバーの電話回線といえば、光電話です。

 

光ファイバーは、従来のメタル回線と比較して、長距離でも高速に通信が行えるところに特徴があります。

電話局からの距離にまったく影響がないのです。

また、光の点滅によって信号を伝送するので、電気信号と比べて厳しい環境下でもノイズの影響が少ないというメリットもあります。

 

一方、傷や曲がり、汚れに弱いというデメリットもあり、突然のシステムダウンも起き得るといわれています。

また、利用者からすれば、停電時に使えないというのは残念なところです。

これらのメリット・デメリットをよく考えて、電話回線を選びたいところです。

2015-06-24(水) 10:27

ISDN回線とは?

 ISDN回線とは?

ISDNは電話回線を利用したサービス

電話回線の種類で一般的なのがアナログ回線です。

通常、電話回線というとこのアナログ回線のことをいいます。

このアナログ回線を進化させたものがISDN回線です。

この一般的なアナログ回線とISDN回線を比較していきましょう。

申込む前に注意すること

アナログ回線に対してISDN回線はデジタル回線です。

アナログからデジタルにする事の長所

・ふつうの電話回線と比べると、およそ2倍の速さで情報のやりとりができる。

・パソコンはデジタル情報をやりとりしています。

つまりパソコンの繋がったインターネットはデジタル情報のやりとりなのです。

そのデジタル信号のやりとり をわざわざアナログ信号に換えてやっていたのでは不安定ですし、物理的な手間もかかります。

電話回線をデジタルにすることにより効率よく安定したデータのやりとりができます。

ISDN回線は1回線でアナログ回線の2回線分の容量を持っています。

つまり、家族のひとりが電話をしていたとしても、もう一人が電話をできるということです。

違うケースで例えると電 話をしながらインターネットができる。

または電話をしていてもFAXのやりとりができるということです。

詳しくはこちらにお問い合わせ下さい!

 なぜ光ファイバーがおすすめなのか?

なぜ光ファイバーがおすすめなのか?

「新規オフィスを立ち上げることになった」「事業拡大に際し、オフィスを移転することになった」ときには、使うインターネット回線を決める必要があるでしょう。そんなときには、よく「光ファイバー」がおすすめされることが多いものです。けれど、光ファイバーにはどのようなメリットがあるのでしょうか? そのポイントをご紹介します。

 高速通信が可能

インターネット回線を光ファイバーにする一番のメリットは、やはりその回線速度の速さではないでしょうか。ADSL回線と比べて、約6倍もの下り速度を誇ります。容量の大きい重要書類の受け渡しや動画のダウンロードなど、なんとなく待っていたあの時間が減り、劇的にスピードアップするのは、業務効率化にもつながります。

 光ファイバーは場所による回線速度の影響が少ない

光ファイバーのメリットは、NTT局舎からの距離の影響をまったく受けないところにもあります。光ファイバーは建物や周辺環境に依存しないことから、回線速度が安定しているのです。

この回線速度の点で比較すると、ADSLはNTT局舎からの距離に応じて、スピードが落ちることがあります。もし新しいオフィスがたまたま回線速度が遅い立地だった場合に損になります。

 他の利用者の影響を受けるデメリット

一方、光ファイバーにもデメリットがあります。それは、ファミリータイプの場合、回線を32人で共有することで、速度が遅くなる場合があることです。場合によってはADSL回線よりも遅くなってしまうこともあるようです。利用環境によって大きく変わることなので一概にはいえませんが、覚えておきたいところです。

光ファイバーのインターネットは、このようにメリットがとても大きくなっています。業務効率化を望むのであれば、ぜひ光ファイバー導入を検討したいところです。

また、光ファイバー回線は、光電話とも同時に契約できます。コスト削減の点でも大きな意味があるので、インターネットだけでなく、通信環境をトータルで考えましょう。

 電話回線ごとのインターネット 速度の違いは?

電話回線ごとのインターネット 速度の違いは?

電話回線を選ぶときは、インターネットのことも考慮する必要があります。なぜなら、アナログ回線、ISDN回線、ひかり電話と、それぞれの電話回線によって、使用できるインターネット回線は決まってくるからです。そこで、それぞれのインターネットの速度の違いを比較してみましょう。

アナログ回線にはADSL 気になる通信速度は?

アナログ回線の電話回線を利用する場合、インターネット回線はADSL回線を利用することができます。ADSL回線の速度は、フレッツ・ADSLの場合、下り速度47Mbps、上り速度5Mbpsといわれています。

しかし、アナログ回線と同じメタル線を通ることや、空気中にあるノイズの影響があることから、どうしても通信は不安定になりがちです。またNTT局舎からの距離が遠くなると、その分速度が低下してしまうというデメリットも。

とはいえ、メタル線は1本確実に占有できるので、利用者間で分け合って使うスタイルとは異なり、その意味では通信速度は左右されません。

ISDN回線のネット通信速度は?

ISDN回線の電話回線を利用する場合、そのままインターネットにも接続できます。ISDNインターネット接続サービスにおいては、通信速度最大64kbpsになっています。一番のメリットは1回線につき2通話分使えるので、電話とインターネットが同時に利用できるということ。定額制で低価格、料金を気にせずインターネットが利用できるのは理想的です。

ひかり電話には光回線! 通信速度は?

ひかり電話の電話回線を使用する場合、当然使用するのは光ファイバーを使った光回線になります。光回線には、現在非常に早い速度のものが登場しています。フレッツ光ネクストギガスマートタイプとして、上りと下り最大1Gbpsというものです。

これまでの上り・下り100Mbpsというスピードも、決して遅くはありませんでした。速度を求めるのなら、光回線が一番といえそうです。

とはいえ、ひかり電話が本当に自社に適しているかどうかは、要検討事項です。

電話回線と共にぜひインターネット回線の速度も考慮しましょう。

2015-01-11(日) 18:56

ISDN回線の仕組み

ISDN回線の仕組み

 ISDN回線の仕組み

オフィス移転や電話機の新規導入を検討中の場合、電話回線を何にするかが問われます。中小規模のオフィスの場合、アナログ回線にするか、ISDN回線にするかを迷う方も多いかもしれません。導入コストや基本料金、通話料などの通信コスト、妥当な回線数、拡張性などのことも考えて導入しなければなりません。

そこで、今回は少しでも電話回線選びに役立つ知識として、ISDN回線の仕組みを紹介します

 ISDN回線とは何か

ISDN回線とは、デジタル回線のことです。ケーブルそのものは、アナログ回線と同じメタル線(銅線)を利用します。しかし、アナログ回線とは、電話線にデータを流す方法が異なります。アナログ回線では電話線に対してデータや音声をアナログ信号で送受信しますが、ISDN回線はデジタル信号で送受信します。音声をデジタル化してから送るのです。デジタル信号とは、「1」と「0」でできているものです。

いってみればアナログ回線は音声データをそのまま銅線に乗せていることになります。一方、デジタル回線のほうはそれとは異なり、デジタルデータとして銅線に乗せているのです。

 「1」か「0」のデータが生み出すメリット

ISDNは、「1」と「0」のデータのみで送受信が行われます。このことで、ノイズなどからの区別がつきやすく、簡単に不要なノイズなどを無視することができるので、雑音が入ることがありません。つまり、アナログ回線と比べて通話の音質がいいといわれているのです。

 ISDN回線の基本的な接続の仕組みとは

ISDN回線では、音声データをデジタルデータに変換する必要があることがわかりました。よって、電話機と電話網へ直接機器をつないでいては実現されません。そこで、デジタル信号を処理する装置を間に設置します。この装置のことをDSUと呼びます。また、もう一つ、従来のアナログ回線で使っていた電話機をISDN回線で使うには、TA(ターミナルアダプタ)が必要になります。よって、ISDN回線をつくるには、DSUとTAは欠かせないというわけです。

電話回線選びの際の知識として、ぜひ参考にしてみてください。

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-962-057

0120-962-057

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ