お役立ち情報満載!固定電話の導入事例やサービス・料金についてその他電話回線、ビジネスフォンに関してなど

  • 0120-962-057

  • お見積り・お問い合せ
2014-12-22(月) 14:57

回線種別を変更したきっかけは?

回線種別を変更したきっかけは?

回線種別を変更したきっかけは?

現在主流の電話回線には、アナログ回線、ISDN回線、光電話・IP電話があります。これらのいずれかを利用していて、他の電話回線に切り替えたいというケースは多いようです。

業務拡大に伴うオフィス拡大、オフィス移転、コスト削減のためなど、その理由はさまざま。そこで、電話回線の回線種別を変更したきっかけにはどんなものがあるのかを見てみましょう。

オフィスの回線種別を変更したきっかけって何だった?

「オフィスを移転する際、アナログ回線から光電話に回線種別を変更したい」

このようなケースは多くあるようです。例えば、これまで小規模で運営していた会社が、事業の成長と共に、従来の電話回線や電話機の環境では電話を受け切れなくなるというのはよくある話です。

この場合、回線種別を変更することで、着信数不足を補うことができます。また、通話中もFAXの送受信したいというニーズがある場合、ISDN回線や光電話に切り替えることは、十分意味があります。

このように、企業の規模拡大がきっかけとなり、電話回線種別の変更を余儀なくされるケースは多いようです。

「業務効率アップ・コスト削減のため」がきっかけになることも

アナログ回線は、どうしてもビジネス利用では物足りないところがあります。業務効率を改善したり、コスト削減を実現したりするためには、どうしても他の電話回線を検討する必要があるでしょう。実際、同時に2通話可能なISDN回線や光電話にしたり、コスト削減のために通信料が比較的割安になる光電話にしたりすることは、多くの企業で実施されていることです。

また、インターネットの速度を上げたいというニーズが起きることもあるでしょう。そんなときは、やはり光回線が重宝されます。

電話回線種別の変更を検討するときというのは、オフィス移転や引越しなどがきっかけになることが多いものです。しかし、同時に電話機やコピー機などの変更も考える必要があるため、なかなか十分な検討がむずかしいもの。専門の業者に依頼するなどして、各回線のメリット・デメリットを聞いて、効率良く切り替えるのをおすすめします。

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-962-057

0120-962-057

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ